ホーム>anna BLOG>敏感肌フェイシャル・セルフケア>冬の紫外線の落とし穴★敏感肌専門プライベートエステサロンanna(アンナ)
  • サロン情報
  • 初めてのお客様へ
  • メニュー
  • 施術の流れ
  • ビフォーアフター
  • お客様の声
  • 取扱化粧品
敏感肌フェイシャル・セルフケア

冬の紫外線の落とし穴★敏感肌専門プライベートエステサロンanna(アンナ)

annaのサロンブログへようこそ!

shineお陰さまでサロン開業10周年shine

 

 

おはようございます

敏感肌をビューティフルエイジングする
プライベートエステサロンanna(アンナ)の原田です。

 

 

♥ ♥ ♥

 

夏よりも冬は紫外線が少ないですよね?

 

寒くなってくると
時々このようなご質問をいただくことがあります。

 

 

お肌に悪い影響を及ぼすと言われている『紫外線』には

UV-A(紫外線A波)と、UV-B(紫外線B波)の2つがあると言われています。

 

このうちUV-Bは
大気層などでほどんど吸収されてしまいますが

暑い時期だけ地表に届き、あのジリジリとした日焼を起こします。


一方、寒い季節になっても
お肌に影響を与え続けるのがUV-Aです。

 

この紫外線は
冬になっても弱まることなく地表に降り注いでいます。

 

冬は日差しが弱いからと安心して日焼止めを塗らずにいると
知らず知らずのうちにお肌がダメージを受けてしまいます。。

 

このUV-Aで、やっかいなのが
お肌の奥にまで到達してしまうことなのですね。

 

紫外線は波長が短いほど強く、強さではUV-Bの方が強いのですが
こちらはお肌の表面部分までにしか届きません。

 

ところが、UV-Aは、お肌の奥にある真皮層にまで届き
ダメージを与えます。



その為に、この時期であっても紫外線対策をしっかりして
じわじわと浴び続けるUV-Aからお肌を守ることが大切なのですね。

 

 

★ ★ ★ ★ ★ ★

あらゆるシーンで浴びている
紫外線

★ ★ ★ ★ ★ ★

 

紫外線は太陽からの直射だけでなく、地面からの反射、

空気で散乱されて届くものと あらゆる方向からやってきます。



特にこれからの季節は
雪が積もった日の地面からの照り返しが強く
注意が必要です。

 

さらに、UV-Aは、雲やガラスも通り抜けるので
雨の日や雪の日も関係ないそうです。



室内にいても窓から紫外線が通り抜けてくるので
窓際での読書や家事の際も気をつけていただきたいです。。

 

 

★ ★ ★ ★ ★ ★

ウィンタースポーツ中の日焼に
注意しましょう

★ ★ ★ ★ ★ ★

 

スキーやスノーボードなど雪の上で行うウィンタースポーツは
強い日差しはもちろん、雪による照り返しもあるので
注意が必要です。

特に新雪の場合は
紫外線を約85%反射するといわれています。

 

♥ ♥ ♥

 

疲れ知らずのぷるぷる美肌のために!

 

紫外線を浴び続けていると、細胞などに入り込んだ酸素が変化してできる物質
『活性酸素』が発生します。

いわゆるお肌の「サビ」ですね。

 

この活性酸素は細胞を傷付け、シミの元となるメラノサイトを刺激。

さらにエラスチンやコラーゲンにダメージを与えることによって
シワやたるみといったお肌のトラブルを引き起こすと言われています。

 

日焼止めをぬると共に
抗酸化成分で、お肌をサビから守ってあげてくださいね♪

 

 
 
↓ ご予約、お問い合わせはこちらから ↓
 
contact

 

 ♥ 今週のサロンのおもてなし プチスイーツ 

 

20141129124.JPG

こちらは、先週からお出ししている
サロンのおもてなしプチスイーツです♪

金柑の甘露煮 

施術の後の甘いひと時

皆さまのお口に合えば幸いです^^

 

 

 

今日も皆様にとって
素敵な一日となりますように♥

 

プライベートエステサロン anna (アンナ)