ホーム>anna BLOG>2015年3月
  • サロン情報
  • 初めてのお客様へ
  • メニュー
  • 施術の流れ
  • ビフォーアフター
  • お客様の声
  • 取扱化粧品

2015年3月

♥5年後、10年後のお肌に大きく影響することも。。♥

annaのサロンブログへようこそ!

shineお陰さまでサロン開業11年shine

 
 
 
♥ ♥ ♥
 
 
 
今年も桜の美しく咲く、季節となりましたね!
 
サロンの近くにある街路樹の桜並木にも
とても誇らしげに花を咲かせていて

ついつい上を見上げながら歩いてしまう
今日この頃です♪
 
 
2015331153956.jpg
 
 
 
 
ですが、この時期は
 
徐々に紫外線の気になる季節でもありますよね。。
 
 
 
 
「紫外線はお肌の大敵!」
と分かっていても…
 
 

「曇りの日や家の中であれば平気」
「短い時間だから大丈夫」と
 
UVケアをおろそかにしてしまうことはないでしょうか?
 
 
 
特に春先は油断しがちですが
3月から紫外線量は急激に増え始めます。
 
 
 
 
 
 
紫外線は
シミやそばかすの原因になるだけでなく
お肌の奥にまで届き
 
コラーゲンやエラスチンに影響し
シワやたるみなど様々な肌トラブルを招いてしまいます。
 
 
 
 
また、少しの時間でも
確実にお肌にダメージを与えるので
 
気づかないうちにジワジワ蓄積して
5年後、10年後のお肌に大きく影響することも。。
 
 
 
 
紫外線をしっかり防いで、美しいお肌を保ちましょう!
 
 
 
 
 
●●
 
日焼止めの配合成分を
意識していますか?
 
●●
 
 
紫外線から肌を守るために
顔だけでなく全身に塗り広げる日焼止め。
 
 
 
 
肌を守るための日焼止めであるにも関わらず
 
肌トラブルの原因となる成分が含まれる
日焼止めがあることをご存知でしょうか。
 
 
 
一般的に売られている日焼止めの中には
「石油系合成界面活性剤」など
肌に不必要な成分を配合しているものがあります。
 
 
 
 
これは、残留性や浸透性が高いため
バリアゾーンを通過して皮膚の中にまで浸透する
可能性があるとも言われています。
 
 
 
 
 
 
 
●●
 
お肌に優しい日焼止めを
選んでいますか?
 
●●
 
 
 
 
●日焼止めの見方●
 
 
SPFとは?

UV-B波を遮る効果の度合いを数値で表したもの。

SPF値「1」で約20分
紫外線からお肌を守ることを意味しています。
 
 
 
UV-B波とは
UV-A波より強いエネルギーを持ち
ヒリヒリ・ジリジリとお肌の表面を焼き
メラニンを刺激します。
 
 
 
 
 
 
 
PAとは?
 
 
UV-A波の防止効果を表す指標。

4段階も区別され「+」が多いほど
日焼止め効果があると言われています。
 
 
 
UV-A波
曇りでも量は変わらず、ジワジワと肌の奥に侵入して
エラスチンやコラーゲンにダメージを与えます。
 
 
 
 
 
 
●●
 
SPF数値に惑わされない
 
●●
 
 
 
 
日焼止めを選ぶ際に、とにかく強力なものを!
とSPF数値の高い製品を選んでしまうと、、
 
 
 
実は肌に負担をかけるばかりで
使い方によっては
効果を発揮できないケースがあります。
 
 
 
 
紫外線を防ぐ指標でもある
SPF(UV-B波を防ぐ数値)・PA(UV-A波を防ぐ数値)は

当然ながら
数値が高くなるほど肌への刺激が強くなります。
 
 
 
むやみにSPF・PA値が高いものを選ぶより
数値が低くても、肌に優しい日焼止めを
こまめに塗り直す方が、肌への負担が軽いばかりでなく
紫外線防止効果も高いといわれています。
 
 
 
 
 
 
紫外線は美肌の大敵ですが、、

それを防ぐ日焼止めによって
肌に負担をかけてしまっては、本末転倒ですよね?
 
 
 
全ては、美しい素肌のために
製品を選んでいただくことをお勧めいたします。
 
 
 
 
 
●●
 
日焼止めの塗り方、
間違っていませんか?
 
●●
 
 
 
 
Face♥
 
 
1、日焼止めクリームを適量(2~3パール程)を手の甲に出します。
(パールサイズ約7ミリ程が目安です)
 
 
2、おでこ、両頬、あご、鼻に分けて適量をのせます。
 
 
3、中指と薬指で顔全体に少量ずつやさしく、そしてまんべんなく伸ばします。
 
 
4、手のひらで温めながら、顔全体になじませます。
塗りムラがあると、そこから紫外線が入ってしまうので要注意です。
 
 
 
 
 
 
プライベートエステサロンanna(アンナ)では
石油系界面活性剤はもちろん
防腐剤(パラベン)、合成香料、合成着色料、鉱物油を使用しない
 
お肌へ優しさを第一に考えた、日焼止めを取り扱っております。
 
 
 
 
 
 

詳細は、お問い合わせください。

contact
 
 
 
 
♥ ♥ 
 
 

 

 

今日も皆様にとって
素敵な1日となりますように♪

 

 

201391314849.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

♥お肌がゆらぐ季節です♥

annaのサロンブログへようこそ!

shineお陰さまでサロン開業11年shine

 
 
 
♥ ♥ ♥
 
 
 
朝晩は冷え込むものの、少しずつ陽も長くなり
春の訪れが待ち遠しい季節ですね。
 
 
2013913141113.JPGのサムネイル画像
 
 
 
 
でもこの時季は
お肌にとっては要注意な時期でもあります!
 
 
冬の間に蓄積された肌ダメージが
表面化しやすくなるのです。
 
 
 
さらにこれからの季節は
 
激しい気温差や、強い風によるホコリ
花粉の飛散、紫外線の増加など
 
さまざまな刺激が増えるため、お肌がゆらぎやすくなります。
 
 
 
 
 
そんなお肌のゆらぎを防ぐ第一歩は
お肌の基礎をつくること。
 
 
 
つまり、クレンジングと洗顔
「落とすケア」を大切にすることです。
 
 
 
 
正しい製品選びと洗顔方法で、お肌のコンディションを整え
春のゆらぎ肌に負けない健やかなお肌を目指しましょう。
 
 
 
 
 
 
●●
 
春のお肌のゆらぐ
主な要因
 
●●
 
寒暖差  花粉  皮脂・汗
環境の変化  紫外線  ホコリ
 
 
 
 
 
●●
 
ゆらぎ肌って??
 
●●
 
 
ゆらぎ肌とは、季節の変わり目など
急激な気温の変化や環境の変化により

お肌が敏感になっていることをいいます。
 
 
また、お肌の水分と皮脂のバランスも乱れやすく
ニキビも出来やすい時期です。
 
 
 
 
♥ ♥ ♥
 
 
 
 
●●
 
「洗顔」「クレンジング」を見直して
ゆらぎ肌に負けないお肌に…
 
●●
 
 
 
 クレンジングチェック 
 
※1つでも当てはまる方は要注意です!
 
 
□ クレンジングと洗顔はひとつのアイテムで済ませている。
 
 
□ メイクをしない日は、クレンジングをしていない
 
 
□ ゴシゴシこすって落としている
 
 
 
 
 
 
Point 1
 
クレンジングと洗顔は役割が違います。
 
 
 
クレンジングと洗顔には違う役割があります。
それぞれを丁寧に行うことで
化粧水や美容液の浸透もアップさせることができます。
 
 
 
クレンジングの役割
 
メイク汚れの除去。毛穴に詰まった皮脂除去。
 
 
洗顔の役割
 
古い角質の除去。毛穴の汚れ除去。
 
 
 
 
 
Point 2
 
 
メイクをしない日も、クレンジングは必要です。
 
 
 
一日過ごしたお肌には皮脂や汚れが溜まるため
その汚れをクレンジングで落とす必要があります。
 
ただし、お肌にダメージを与えない製品選び
することが肝心です。
 
 
 
 
 
Point 3
 
 
摩擦は絶対にNG!優しく丁寧に。
 
 
 
ゴシゴシ粗いはお肌に負担をかけるので、絶対にNG。
 
手のひら全体を優しく密着させながら
外側にらせんを描くように、お顔全体になじませましょう。
 
また、正しい量で落とすことも大切です。
 
 
 
 
 
 
 
 洗顔チェック 
 
※1つでも当てはまる方は要注意です!
 
 
□ 泡立てネットを半年以上替えていない
 
 
□ あまり泡立てずに洗顔している
 
 
□ 熱いお湯で洗い流している
 
 
 
 
Point 1
 
泡立てネットは3~4ヶ月を目安に替えましょう。
 
 
 
泡立ちが悪い場合は、ネットが弱っているサイン。。
3~4ヶ月くらいが交換の目安です。
 
 
使用後は水分をしっかり切って
風通しの良い場所で清潔に保管しましょう。
 
 
 
 
 
 
クレンジングの役割
 
メイク汚れの除去。毛穴に詰まった皮脂除去。
 
 
洗顔の役割
 
古い角質の除去。毛穴の汚れ除去。
 
 
 
 
 
Point 2
 
 
リンゴ1個分くらいの量のしかっりした泡で洗顔を。
 
 
 
泡はお肌を守るクッション。
 
へたった泡ではお肌に負担になります。

たっぷりの泡はお肌にやさしいだけでなく
毛穴の奥の汚れまで落とします。
 
 
※手を逆さまにしても落ちないくらいが理想の状態です。
 
 
 
Point 3
 
 
すすぎの温度は
”ちょっと冷たい”
くらいの『ひと肌以下』がベスト。
 
 
 
熱めのお湯は皮脂を取りすぎて、乾燥の原因に。
 
ちょっと冷たいくらいのひと肌以下の温度で
お顔を包むように優しくすすぎます。
 
髪の毛の生え際やあごは
洗顔料が残りやすいので入念に。
 
 
 
♥ ♥ ♥
 
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
 
普段行っているクレンジングと洗顔の方法と比べていただき
ぜひ毎日の『落とすケア』を見直してみてくださいね!
 
 
 
その他にもサロンでは、特にお肌が敏感になりやすい方へ
気にかけて頂きたい点もいくつかご提案しています。
 
 
 
お肌の状態をみて
実際にクレンジングや洗顔の施術を行いながら
お伝えしております。
 
 
 
 

詳細は、お問い合わせください。

contact
 
 
 
 
♥ ♥ 
 
 

 

 

今日も皆様にとって
素敵な1日となりますように♪

 

 

201391314849.jpg